NO MKGM,NO LIFE

NO MKGM, NO LIFE

GOT7のゆぎょむとBTSのほぷを中心に主観的な萌えを吐き出すBlog

<独り言>担降りペン卒って?

おこんばんわ。

 

つい先ほど花様年華on stage Epilogue を見終えました…(やっと)

本国編録音雑!とかってツイッターで怒ってしまいましたが…素晴らしかったです。まんまと泣かされました…。Young Foreverのイントロで既に涙腺がやばかったんですけど、そのあとのテテに泣かされ…そのあとの挨拶でジミンにやられ…「今日は泣きたくないんです…!泣」で結局泣いてるジョングギにやられ……なんなのあの子たち超かわいいんですけど!!!!怒 そしてミンユンギ君は泣くタイミングがわかりずらくて困惑する!!!!!!!笑

本編もすっごく感動しました…。初めてバンタンのコンサートを通しで観たんですが、やっぱりラップラインが好きだな、と。感じました。特にミンユンギとチョンホソク…。ただただかっこいいです。魅入ってしまう。私は絶対いつか生でCypher pt3を聴くんだ、と心に誓いました。その時がおそらく私の命日。。。。。。

ただ、、、バンタン見に行くとしたらどうしても一人になってしまうのでなかなか勇気が出ませんね…(笑いつかご縁があったら、行かせていただきたいと思っております…。いつかな…(笑)

 

 

と、まあバンタンについてはこの辺にしといて、

題名の話に移ります。まあ全然関係のない話ではないんですけど。

 

なんでいきなりペン卒の話?って感じですが、今日たまたまTLで「なんでそんないきなりペン卒になるわけ?」っていう呟きを見たんです。その方は続けて「ハイタで「ク〇」とでも言われたのかな。」って言ってて、めっちゃ笑ったんですけどwwwそりゃペン卒するわなwwwwww

 

そのつぶやきを見てひとしきり笑った後、ふと考えちゃったんです。

そういえば私も「担降り」というものを経験しているわ、と。

その時の理由は何だったかな…そういえば私もなぜか一瞬で冷めてしまったな、周りにも担降りペン卒している人ってたくさんいるけど、その方たちはどんな理由で今まで応援していたアイドルに対する想いが冷めてしまったんだろうか…とかいろいろ。

 

考え始めたら、アイドルとファンとの関係って、簡単なようで難しい、複雑なものだなと思ってしまいまして。経験をしているからなのか、実は私今、一歩引いてアイドルをみてる可能性あるんじゃない…?とか、考えちゃって…(笑)真面目か(笑) 個人個人思うことは違うと思うんですけど、私が感じたことをなんとなく書いておこうかな、と思ったので。独り言として書きます。

 

 

私はもともと某J事務所のNってグループのMって人の担当をしておりました。中2くらいからかしらね。その時も姉と一緒に好きになったので姉に連れて行ってもらってコンサートとか、たくさんではないけれど、行って応援をしてきました。

大学生になって、アルバイトもできるし行動範囲も広がるしで、軽く遠征もしたり、関東圏は全ステ当たり前!みたいな感じでかなり熱心に応援していたつもりです。

そうやってたくさん会いに行ってると、ラッキーなことに「神席」ってところに当たることがちらほらあったんです。で、またまたラッキーなことに、ファンサ(ペンサ)ももらえることも、ほんと数回ですが、あったんです。

そんなことがあると、人間ですから、どんどんどんどんのめりこんでいってしまうんですよねぇ。

その人が出てる舞台だって、ちょっと高くても何回も行ってしまうし。その人が出てる番組は全部チェックしないと気が済まないし。生活がすべてその人中心で回ってしまう。

そして、彼らはアイドルですから。いつもキラキラした姿を私たちに見せてくれる。にっこにこの笑顔、大きくてかわいいリアクション、甘い言葉、たまに見せる綺麗な涙……そんなところばっかり。本当に「綺麗」なところしか私たちには見せていないわけです。いや、ごめんなさい誤解されてしまうかもしれないんですが、別に彼らの普段の姿が酷いってことではないんです。ただ、その「綺麗」なところに慣れすぎちゃって、感覚が麻痺しちゃうんですよ…ええ…私はそうでした…涙

韓国のアイドルは結構プライベートでの素な感じも動画で見せてくれるから、そんなに普段とアイドルのギャップはないかなと思います。そこがいいとこですね。ほんといいと思います。

J事務所は本当に頑なにプライベート感出さないじゃないですか。

だから、キラキラしてていつもニコニコしてる彼が大好きだった私にはちょっと受け入れがたい出来事があったわけです……まあ、今思うと別にそんなに引く出来事ではなかったな…と思うんですけど(笑)

 

ある音楽番組の観覧に応募したところ、ラッキーなことに当選しまして、参加したんです。

音楽番組ですから、待機中の彼らも見れちゃうわけなんですね~。ウハウハなんですよ。でも、それが私にはいらないことだったみたい。

 

彼らがステージにでてきて準備が整うまでの間、静かにしていてくださいとは言われていても当然私たちは少しでも彼らに反応してほしくて手を振ったりするわけですよ。で、それに対してメンバーも反応してくれるんですね。うれしいことに。

 

だがしかし、私の好きな彼だけ、、、一回も客席を見ないし、当然手を振り返してくれたりもしてくれなかったんです。終始真顔で。本当に一回もこっち見ない。あれ…?って思っちゃって。きっと本番に向けて集中しているんだろうけど、それでも少しはこっち見てなにかしてくれてもいいんじゃないかな…だってほかのメンバーしてくれてるよ…?リーダーとかすごいこっち見て微笑んでくれてるのに…体調でも悪いんかな…って、思ってしまったんですね。

 

そんで、いざ曲がかかると先ほどまでとは打って変わって満面の笑顔。こっちにも目線くれるし。いつも見てるキラキラな彼。

 

私はその切り替えについてけず、ドン引いてしまったんです…

 

それまたラッキーなのかアンラッキーなのか、最前列で観覧させていただいたんですけど…(笑)

 

 

その日からなんだか音楽番組で歌ってる彼を見るのが嫌になってしまって…

気づいたら離れてしまっていた…っていう感じでした

 

 

そりゃ、アイドルも人間なんだから、いっつも笑顔でなんかいられないし、それに対して批判的なこと言ったら可哀そうだよって、思ったりもしたんですけど。

 

アイドルはお仕事。それはわかってます。

ただ、お仕事なんだったら、アイドルしているときはアイドルしていてほしかったんですね私は。目の前にファンがいるんだから、いくら本番前で集中したいときでも、少し位こっち見て、少しくらい笑顔を見せてくれても、と。私は彼の笑顔が大好きでずっと応援していたから、本当に堪えたんだと思います。この出来事が。

 

 

今でも彼らは好きですが…前のようには戻れないですね…

(まあ、単にコンセプト迷走してて直視できないってのもあるんですけど…(笑))

 

 

 

こんな担降りを経験したので、私は今、K-POPアイドルを応援していますが、自分でも気づかないうちに近づきすぎるのを避けているんじゃないかなと思います。

サイン会に行こうと思えば行けた時期もあったんですけど…単に言語が違うから怖いなぁってのもあったんですけど、やっぱり一番に頭に浮かぶのが「素の部分を見るのが怖い」「それをみてまた引いてしまうんじゃないか…」って。彼らの素を受け入れられないんじゃないんです。むしろ受け入れたいです。つーか韓国の子たちに関しては結構素の性格を見せてくれていると思うので受け入れられていると思うんです。たぶん。でもそれでも、実際に近くで彼らを見て、「怖いこの人」とか「え、こんな人だったの…」って思って、気持ちが離れてしまうのが、とても怖いんですね。そんなことになってしまうんだったら、私は近くにはいかない。コンサートに行って、CD買ってハイタッチしてもらって、そんな応援ができれば十分…。って思ってるんです。行けるもんなら行きたいですけどサイン会。うふ。←

 

 

私の担降りの理由はこんな感じなんですけど、他の方はどんな感じなんですかね

他にもっと好きなアイドルができたとか、単に飽きたとか、そんな感じが多いのかなぁ

 

 

 

まあ、何が言いたかったかといいますと…

アイドルとはいい距離感を保って付き合っていくことが大切だよね☆

っていうことですね!

 

まあ、人それぞれだと思いますけど。私はそういう性格なんだなと。思ったのでございます。

今応援している子たちとは、長く付き合っていきたいと思っているので!!ずっと応援していきたいと思っているので!!!!もしサイン会行くみたいなことになっても、慎重に行動していきたいと思っております!!!!!!

 

もし、私と同じような性格の方いらっしゃったら、どのようにアイドルとつきあっているのか、アドバイスとかいただけたら嬉しいなと思います。

 

 

…書き始めたはいいけど途中で飽きてきちゃってまとまりのない文になっちゃった

しかもバンタンのVアプ見ながらだし…散漫だわ…(笑)

 

 

 

では、あんにょん!

今夜の0時、楽しみですね!